2018年03月09日

今日は雑穀の日

日本雑穀協会が3月9日を「雑穀の日」として定め、おいしさと共に、高い栄養価や機能性、作物資源としての重要性など、雑穀のすばらしさを伝えていく記念日としました。
3月9日という日付は、ざっ(3)・こく(9)の語呂合わせに由来していますが、この時季、レストランなどで春の新メニューが登場し、食品メーカーからも多くの新商品が発売されてきます。 その中に、少しでも多くの雑穀をおいしく取り入れてもらいたいと願って、この日を雑穀の記念日に制定したそうです。

food_zakkoku.png

雑穀というのは、一般に米・小麦・大麦を除く穀類及び擬似穀類を「雑穀」とするそうですが、豆類を含むかなど曖昧な所も多いそうです。雑穀は、白米よりも栄養価が高いので、今では健康食として注目を浴びています。
でもよく調べてみると、長い間日本人の主食として活躍していたのは、雑穀なんですね。白米が主食になったのは、昭和20年以降ことで、それまでは、米の生産量が足りず、白米に雑穀を混ぜたり、雑穀だけを食べたりしていたそうです。江戸時代では、白米は年貢に収めるもので、農民は雑穀を食べるのが普通だったとか。

雑穀の美味しい食べ方や、栄養価についてなど、インターネットで調べられるので、検索してみてくださいね。

☎03-3300-7550
「初心者からMOS・P検資格取得までのパソコン教室 パソコン市民IT講座千歳烏山教室 パソコン教室の写真館 からすやま みんなの写真館 iPad講座(アイパッド) プロカメラマンが教える写真教室 デジカメ倶楽部 パソコントラブル対応・出張サポート承ります」 
posted by 烏山太郎 at 10:46| 東京 ☔| Comment(0) | インストラクター日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする